当センターは船と水上バイクの免許のプロフェッショナルです。なんでもお気軽にご相談ください!

船舶免許の更新時期について

船舶免許の更新は免許を取得した日から5年ごとに行わなければなりません。皆さまには講習を受講いただき安全航行等について再度、確認いただいております。またこの更新は、小型船舶操縦士としての身体基準を満たしているか、定期的にチェックさせていただくものでもあります。

5年を過ぎると免許は失効し、ボートや水上バイクを操縦することはできません。車の免許のように誕生日を基準としないのでお忘れになる方が大変多いのが実情です。

しかし、船の免許は更新できる期間がなんと1年間もあります。有効期限の1年前から更新することが可能です。しかもいくら早く更新しても元の有効期限から5年後まで有効になるので早くやって損はありません!

更新のお知らせハガキが来ない!

車の免許証の更新時期に近づくと公安委員会から「更新のお知らせ」ハガキが自宅(住所記載地)に届きます。しかし船の免許証は更新時期が近づいても基本的に通知は来ません。

なぜなら「更新のお知らせ」ハガキはあくまで公安委員会のサービスだからです。船の免許証を管轄する国土交通省ではそのようなサービスは行っておりません。中には過去に通知が来た方がおられますが、それは免許を取得したスクールや過去に更新した事業者の個々のサービスであり、突然終了になるケースも見受けられます。

船舶免許更新・再交付センターでは、誰でも無料でご利用いただける更新時期お知らせメールサービスを提供しておりますので是非ご登録ください。メールアドレスと有効期限以外の個人情報は一切不要なので流出の心配もありません。更新時期が過ぎますと一旦リセットされますので更新の度に登録してください。(個人情報保護のため、有効期限とメールアドレス以外は入力不要です。)当センターをご利用いただきましたお客様(ネット申込みのお客様)は、ご本人より不要の申し出があった場合を除き、このシステムより次回更新時期のお知らせをいたします。

免許が失効した場合は

有効期限が過ぎるとその免許は失効します。その免許証で操縦することはできません。無免許操縦となり行政処分の対象となります。

しかし、船の免許は失効してから何年経っても、仮に10年経ってもたった2~3時間程度の講習を受講することだけで復活します。費用は更新に比べ少し高くなりますが大変うれしい制度ですね!

更新と失効再交付の手続き

免許の更新、再交付の手続きには3つの方法があります。業務として船舶を操縦する方など、ご案内する以外の更新方法もありますがここでは省略し、一般的な講習を受講して更新する方法をご案内します。

1.講習を自分で申込み、運輸局に自分で申請

最も費用を安く抑える方法ではありますが、書類準備や手間や時間がかなりかかりますので選ぶ方はごく一部です。一般的に2000円前後安く抑えられるようです。

所定の講習を申込み受講する(当センターの更新講習です)→修了証、身体検査証明書をお渡ししますので、旧免状と運輸局備え付けの申請書、納付書を記入し、収入印紙(更新1350円・失効1250円)を貼り申請する(旧海運局のある運輸局・支局に限る。平日のみ)即日交付可能。

2. マリーナや販売店などで申し込む

ボートを保管しているマリーナやボート用品などの販売店で更新講習を受け付けている場合があります。マリーナや販売店を窓口に3番と同じ経路で免許申請されるため、やや時間がかかり、やや割高な印象です。しかし手間は要りません。

3. 海事代理士に依頼する

海事代理士とは、大型国際航海船舶からプレジャーボートまでのあらゆる海事行政に関する手続きのエキスパートで国家資格者です。その海事代理士が講習の受講手続きをおこない、運輸局への申請まで行うので依頼者は所定の講習を受けるだけです。ご自身で手続きする場合の費用に海事代理士手数料が必要になりますが、平日に運輸局まで出向く必要もなく確実で最も安心できる方法です。価格は海事代理士によりまちまちです。

一般的に海事代理士は講習については外部の講習機関に委託し、修了証、身体検査証明書をご本人に代わり受領し、書類作成後、運輸局へ申請します。よって申込み締切日が早い場合があります。また、海事代理士は全国でも少数の資格者であるため近くに海事代理士がいるとは限りません。

船の免許の更新はなぜ複雑なのか

免許の更新(失効再交付)をするためには、車の免許と同じく基本的に講習を受講しなければなりません。しかし、車の場合は講習受講と同時に新しい免許が発行されますが船舶免許は講習機関と発行機関がそれぞれ違います。よって講習を受けた後に別に申請手続きを行う必要があります。

例えばお客様が「講習機関」に更新の申し込みをした場合、申請手続きはご自身で行う必要があります。国家資格者である「海事代理士」に依頼した場合、お客様に代わって講習申し込みを行い、申請までやってくれます。当センターは「講習機関」であり、「海事代理士事務所」でもあります。

結局、更新や失効の手続きはどこに依頼する?

上に3つの方法をご紹介しましたが、当センターは、国土交通省登録講習機関であり、専属に海事代理士も所属していることから、講習申込みから運輸局申請、お届けまでを一貫している全国でも数少ない船舶免許更新の専門機関です。そのため当センターの行う講習を受講される場合、直前まで申込みが可能であり、免許交付も比較的早く、しかも費用を格段に安く抑えることが可能になりました。

さらに一部の講習では講習後に「船と免許の無料相談会」を開催。ご希望の受講者様はお一人様15分程度、無料で船や免許、事業申請のことなど、国家資格者である海事代理士にご相談いただけます。免許更新、再交付は当センター開催の更新・失効再交付講習をご利用ください。

特に京都、大阪、滋賀の免許所有者様にとって、特に交通の便の良い場所を選び講習を開催しており、より便利に感じていただけるはずです。

身体検査について

小型船舶操縦士として船舶を操縦するには身体検査で合格することが必要です。
身体検査は、視力、聴力、眼疾患、疾病および身体機能の障害の有無について行います。身体検査は更新講習、失効再交付講習を行う直前に実施します。身体検査に合格しない場合は講習を受講できません。 眼鏡や補聴器が必要な方は、必ず準備してください。

視力(眼鏡等使用可)両眼とも0.5以上、または、片眼のみ0.5以上の場合は、その視野が150度以上あること。
聴力(補聴器可)5mの距離で話声語が聞こえること、または、話声語が聞こえない場合は、検査用の汽笛音が聞こえること。
※話声語:机に向かい合い、話をして相手に理解できる程度の普通の大きさの声音
眼疾患・疾病の有無あっても軽症であること。(質問または観察による)
身体機能の障害の有無あっても軽症であること。(質問または観察による)

身体検査についてご不安がある場合は事前に当センターまでご相談ください。安心して受講いただけるようお手伝いいたします。